肌の乾燥対策は保湿が最も重要です。

乾燥肌は年齢、男女問わず突然きますよね。
私の周りでは、1歳児から70のおじいちゃんまで、乾燥肌で悩んでいます。

多いのは冬場ですが、エアコンなどで室内が乾燥する夏場でも起こります。
一度荒れてしまうと、かゆみが出たり、掻きすぎて痛みが出たりと意外と厄介な乾燥肌。

早めに対策をする事で回避できます。
ポイントは、なってしまってからの対応ではなく、なる前にいかに予防しておくか、です。

私は以前、検査入院中にひどい乾燥肌に悩まされました。

病院というのは空調が効いていて快適な環境だとばかり思っていたのですが、
実は一日中エアコンがついているため異常な乾燥状態だったのです。

それに加えて感染症予防のために加湿器なども使えません。
みるみるうちに、内腿やおなか、二の腕など、肌の柔らかい部分から乾燥していき、

かゆみがひどくて眠れなくなったほどでした。
その時はかゆみが出て、掻いてしまってからの対応だったので治るのにかなり時間がかかりました。

それからはお風呂上りには必ず、皮膚科で処方してもらえるヒルドイドをまんべんなく全身に塗ります。
冬場は特に毎日欠かしません。

夏場は毎日でなくともいいですが、意外と乾燥していますので気になった時に塗るようにします。
また、顔の乾燥には外出先などでの裏技があります。

ちょっと汚いイメージもあるかも知れませんが、自分の顔のオイリーな部分の油を人差し指の腹で押さえて取り、
それを乾燥している部分に移してあげます。

例えば小鼻には脂が出やすいけど、目元は乾燥しがち、なんていうときには小鼻を指で押さえて、
付いてきた脂を目じりに付けてあげて調節してます